満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:FULL OF BEANS
(フル・オブ・ビーンズ)

分類:和食・洋食・中華(おにぎり・惣菜)
所在地:金沢市里見町(竪町通りからちょっと入ったところ) −−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2006年10月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:おにぎり2個(おかか+唐揚げ)+Bセット
今回の所要経費:115円+147円+525円→締めて787円
探検隊の報告:
 「FULL OF BEANS」というすべて横文字の店の割には,おにぎりを主体とするかなり和食よりの惣菜の店,そして食事の店なのだった。
 店を入れば,まずおにぎりと惣菜の陳列棚がある。店頭で買い求める人も結構いる。その奥に,食事ができる部分がある。
 民家を改装した店であり,奥に入るにも,たたきのようなところにみんな履き物をぬぐ。
 今日は男4人で来たが,われわれ以外はすべて女性である。
 民家を改装して,椅子が置いてあったり,カーペットが敷いてあったりするが,我々はちょっと奥の,2階への階段下にある座る席である。テーブルも昔の寺子屋風の飯台である。2階は「deux egg gallery」とかいうフリーマーケットになっているらしい。これまた,全くの和風建築を改装して,おフランス語と英語をあわせた店の名である。
 ところで「Full of beans」だが,「豆がいっぱい」という意味かと思ったが,うちのランダムハウス英和大辞典によると,俗語で一つ目の意味は「元気いっぱい」という意味らしい。ちなみに二つ目の意味は「愚かで」という意味である。なんで「豆がいっぱい」がこういう意味になるのかわからないが,やはりその国の文化の中から生まれた意味なのだろう。
 さて,食事のお品書きも結構いろいろなものがあるが,やはりおにぎりを食べてみるために,おにぎりとBセットというものを選ぶ。
おにぎり2個とBセット  Aセット(420円),Bセット(525円)共におかずがお店のおまかせだが,Aセットは2品,Bセットは3品のおかずがつき,豚汁はどちらにも付いてくる。
 今日の我々はみんなBセットにして,各自好みのおにぎりを選ぶ。さすがおにぎりの店だけあって,種類が多い。今日は2種類選ぶ。「おかか」と「唐揚げ」である。過去にこの店に来たことのあるエヌ氏が「唐揚げ」もなかなかうまかったと言うので,ついつい,その言葉にのったのだった。
 ちなみに,おにぎりの種類はというと,下のおまけに記載してみた。
 それから,今日のおかずは自分のは「セロリときゅうりと鶏の酢の物」「厚揚げとチンゲンサイのピリ辛あんかけ」「自家製がんも揚げ」(いずれも名称は私の予想である。)
 お隣のおにぎり3個注文したワイ氏は「酢の物」じゃなくて「マカロニサラダ」,「ピリ辛あんかけ」じゃなくて「なすと何とやらの煮物」(いずれも名称は私の予想である。)であった。
 そしてこれらのおかずはすべてお総菜として店頭で販売しているのだった。
 自分は合計すれば787円ということで,いいお値段となってしまったが,おなかの具合にあわせて,量を調節することも可能ということが,いいのかもしれない。
 秋晴れが続く中,このあと出張のワイ氏を見送って,職場へと帰ったのだった。
−−−お箸の仕切り線−−− 探検隊おまけの報告:
お品書き
このとき(2006年10月)のおにぎりのお品書きいろいろ:
塩(基本だね)→105円,梅・おかか・昆布→各115円,
梅ちらし・おかか昆布・ゆかり・しば漬け・岩のり→各126円,
梅のりわさび・厚焼玉子・唐揚げ→各136円,唐揚げ→147円,
梅じゃこ・青菜小えび・とろろ・鮭→各157円,
鮭マヨ・牛肉しぐれ・えび天→168円,明太子→178円,鶏つくね→189円
 ちなみに,一つ読めないお品書きがあった。あれはいったい何だったのだろう???
 その他,昔カレー→787円,タコライス→840円など −−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2019年4月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:自家製タルタルのハントンライス+本日の生パスタ もちもちフェットチーネ(この日は「春野菜とスモークサーモンのバジルソース」)+ビール(ハートランド)×2
今回の所要経費:1130円+1130円+650円×2→3560円
探検隊の報告:
 料理を出すお客や順番を間違えるんじゃないよ!いや,ちゃんと注文通してくださいよ。おかげで無駄に待たされた。
 以前に平日にランチで来て以来の訪問である。天気のいいのに誘われて,連れ合いと歩いて「ハントンライス探検隊」である。いつの間にかこの店もハントンライスを提供するようになったと聞いて,やって来たのだった。
 入店は午後の1時15分頃。直前に女子高生2人が入り,そのあとに続いて入る。このような時間だが,土曜日ということもあり,結構混んでいる。しかも,ほぼ女性。自分たちが行ったときには先客には男性は一人だけ。さて,小上がりの座卓の席はまだいくつか空いており,そこに座る。
 お品書きを見ると,ランチはセットとして,ソフトドリンクがついたものか,ソフトドリンクとデザートがついたものとなっている。ソフトドリンクにもデザートにもご用はなく,ビールを飲みたいので,やって来たおねえさんに聞くと,ソフトドリンクのセットは,割り増し料金でビールに変更できるとのこと。つまりは,ハントンライスセット1380円は250円引きの1130円でハントンライス単品となるらしい。
ハートランドビール  そこで,ソフトドリンクからハートランドビールへと変更する。
 さて,ビールは間もなくやって来る。やって来たのが1時23分だから,お品書きを眺めつつ,あまり待ったという気もしない。
 しかし,やって来たのはハートランドの小瓶。650円だから中瓶だとばかり思っていたのに,当てがはずれる。このビール小瓶330mLで650円だから,この店は結構お高めの価格設定である。ハートランドビールは500mLの中瓶で600円から650円の価格設定が相場だと思うので,小瓶でこのお値段は高い。
 何しろこのあと,変に待たされて,この店の印象が悪くなったので,ビールの値段についても,辛口の評価である。いや,辛口というよりも,はっきり言って高い。ちなみに,ついこの間行った片町のおでん屋「ちくわ」では,ハートランドの中ジョッキが626円,柿木畠のパブの「ペーパームーン」は中瓶が600円。つまりはこの店は小瓶でそれより高い。比率にすれば,5割増しの値段。そもそもビールを飲むお客のいない店か。いや,そんなことはない,夜のコースもあるし,いろいろなお酒のメニューもある。
 さて,それから,どんな問題が起こったかというと,以下のような顛末。
 自分たちのあとに2人連れが2組やって来る。
 そのうちの2人は自分たちよりも20分ほども後の,1時35分過ぎに入店した。そして料理を注文したら,程なく料理が届く。
 こちらは20数分間待っても届かないのに,あとから来た2人はほんの6,7分で料理が届く。
 なんで,早く来ている自分たちにこんなに遅いのかと,よくよく眺めると,その2人は自分たちと同じ「ハントンライス+生パスタ」が来ているのだった。その料理を運んだあと,厨房へと帰りがけの接客担当のおにいさんに,
「こちらの料理遅いんだけど,どうなってます?」
 と聞く。すると,どうやら我々に料理が届いていないことに気がついたらしい。
本日のパスタ  料理が届いたのが1時50分だから,おにいさんに言ってからでも10分以上待つ。入店から35分あまり待ったことになる。料理が届いたら,
「あっちのお客と間違えたんでしょ。」
 と,嫌みを言っておく。もちろん向こうは謝るしかない。
 いや,もしかしたらそもそも我々の注文がしっかりと通っていなかったのかもしれない。なにしろ,どのお客も注文してから10分ほどで料理が届いている。もしも,先ほどの「ハントンライス+生パスタ」が我々のだとしたら,それは注文から25分過ぎ。そんなに遅いとは思えない。
 たまたま注文が同じ「ハントンライス+生パスタ」だっただけで,そもそも我々の注文が厨房にしっかり通っていなかった可能性が高い。厨房が間違えたのか,接客担当が変に伝えたのか,とにかく,見たところ,20分以上待っているお客はほかにいない。
 ということで,
 料理を出すお客や順番を間違えるんじゃないよ!いや,ちゃんと注文通してくださいよ。おかげで無駄に待たされた。
ハントンライス  そう言えば「ハントンライス探検隊」なのに,ハントンライスの解説を忘れていた。
 ちなみにここの「ハントンライス」は変わり種ハントンライスというべきだろう。
 まずはごはんが「ケチャップライス」ではない。これは五穀米とでもいうのか,とにかく和食のごはん。なので,食べても,なんだか味がしっくりこない。
 上に載っているのはエビフライ。最近の金沢ではよくある,とにかくフライが載っていて,タルタルソースがかかっていれば「ハントンライス」というタイプである。この手のはあちこちでよくお目にかかるので,そんなものかという感じ。
 支払いをしようとすると,接客担当のおにいさんが「私の手違いでした。」と再び謝る。
 もういいよ,そこまで謝らなくても。「ハントンライス」を一度味わってみたから,とりあえずご用はすんだので,もうこの店には来ない。
 店のミスで,たっぷり待たされたのがその理由ではなく,ビールが高すぎるからという理由で,もう来ない。
−−−お箸の仕切り線−−− 探検隊おまけの報告:
くわしくはウェブサイトへどうぞ:フル・オブ・ビーンズのウェブサイト(外部リンク)
座席数
座席数:カウンター席 5席 1階小上がりの座卓 4人×4,2人×3
駐車場
駐車場:なし(近隣の有料駐車場に止めましょう)
お品書き
このとき(2019年4月)のランチのお品書きいろいろ
★自家製タルタルのハントンライス
★本日の生パスタ もちもちフェットチーネ
 どちらも サラダ・ドリンク付き→1380円,
 サラダ・ドリンク・デザート付き→1680円
★トロトロオムレツと加賀野菜のサラダカレー
★シシリアンルージュのハヤシライスプレート
 どちらも ドリンク付き→1380円,ドリンク・デザート付き→1680円
★国産牛ステーキプレート(加賀野菜,源助大根と柚子のソース)
 ごはん・スープ・ドリンク付き→18000円,
 ごはん・スープ・ドリンク・デザート付き→2000円
−−−ハントンライスの仕切り線−−−
満腹探検隊の ハントンライス特集のページ
−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−− 満腹探検隊の トップページ  検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集