満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:白山そば(はくさんそば)

分類:和食(麺類)
あちこちにあります。探検場所は以下の報告を参照してください。

−−−お箸の仕切り線−−− まえふり
 2015年3月に北陸新幹線が金沢まで延伸され,金沢駅も新装なりました。昔から金沢駅を中心に立ち食いそばとして営業していた「白山そば」も,このときに新しい駅舎と共に新装開店しました。2015年3月以降,機会があるとは立ち寄っていた「白山そば」での「満腹探検隊」も,ほぼすべての蕎麦のお品書きをいただきました。
 まずはどんなお品書きがあるかの一覧を画像と共に掲載します。
 それぞれの飲食日記,すなわち「満腹探検隊」は各お品書きからリンクしておりますので,興味がありましたらご覧ください。
 なお,お値段は2019年10月のものです。また,そばとうどんは同一価格です。


かけそば
380円

月見そば
430円

いなりそば
480円

おろしそば
480円

山菜そば
500円

めかぶそば
500円

とろろそば
510円

天ぷらそば
540円

野菜かきあげそば
540円

白えびかきあげそば
590円

天玉そば
590円

肉そば
590円

カレーうどん
620円

にしんそば
670円

和風らーめん
550円
 ざるそば→550円,大盛り→100円増し。
 おにぎり各種→140円,能登牛コロッケ→160円,
 冷やしぶっかけへの変更→30円増し,缶ビール→300円

−−−お箸の仕切り線−−− 所在地:金沢駅構内待合室の脇
探検時期:2007年4月  今回の探検目的:朝食
今回のお品書き:かけそば  今回の所要経費:300円
探検隊の報告:
 駅の立ち食い蕎麦といえば,金沢ではこの「白山そば」なのだった。
 朝5時半,金沢駅集合でお仕事である。ちょっとした合間をぬって,朝食というよりも軽食で,駅構内の「白山そば」に行く。
 金沢の駅の蕎麦は「白山そば」,富山だと「立山そば」,福井だと「今庄そば」と,どこへ行っても特色ある店の名前であるのが面白い。しかし,福井は「越前そば」かと思ったが,なぜか「今庄そば」である。まあ,金沢も「加賀そば」でなく,富山も「越中そば」でないのだから,そんなものか。(ちなみに,福井の敦賀駅は「気比そば」だった。)
 さて,ここは駅構内といっても,改札口を通らず,待合室に隣接した店である。立ち食いが基本だが,2人掛けのテーブルも2脚ある。省力化のために,券売機が設置されている。券売機で食券を買う。
かけそば  「かけそば」300円也。
 まあ,ゆで麺をお湯の中にさっとくぐらせるのだから,麺にそんなに期待してはいけない。ちょっと醤油味が濃かったかなあと思ったが,出汁も飲み干す。朝が「かけそば」1杯じゃ,ちょっと少なかったかなと思ったが,脳みそも胃もまだ目覚めてないような状態だったので,こんなものか。

このページの先頭  お品書き掲載部分

−−−お箸の仕切り線−−− 所在地:金沢駅1,2番線ホーム
探検時期:2008年1月  今回の探検目的:軽食
今回のお品書き:野菜かき揚げそば+甘えびかき揚げそば
今回の所要経費:470円+520円
探検隊の報告:
 今日は金沢駅へお見送りである。入場券を買ってホームまで出る。久しぶりに駅の入場券を買った。名古屋行きの「しらさぎ」を見送ったあと,うちの連れあいと共に,1,2番線のホームにあった,「白山そば」で軽食をとることとする。
野菜かき揚げそば  この店は売店とともにある。狭いカウンターのすき間から,おばちゃんにご所望のお品書きを注文する。寿司屋のガラスケースのようなところに,載せるものが並べられており,その値段も入っている。つまり基本のそば,うどんに載せるとその分追加ということで,単にお品書きにあるものだけではなく,何品も載せようと思ったら載せてもらえるのだった。「元祖天ぷらそば」にしようと思ったが,どうもほとんど衣を食べているような感じなので,それはやめにして,「野菜かき揚げそば」とする。
甘海老かき揚げそば  ちなみに,うちの連れあいは「甘えびかき揚げそば」である。刺身でよく食べる甘えびだが,いわば,野菜と小エビの天ぷらという感じのかき揚げが載っている。
 そばの方は期待してはいけない。茹でたそばをさっとお湯にくくらせるのだから,早いのが取り柄である。そして,出汁が結構濃いめである。にもかかわらず,最後まで飲んでしまうのだった。
ショーケース  さて,店は狭く,椅子はない。これぞ立ち食いそばって感じである。奥が調理場なのだが,両側にカウンターがある。2番線のホームの方はガラス張りで,列車が見える。あとで気がついたのだが,駅構内の「白山そば」とお品書きもやや違うし,値段も違っている。列車に乗って食べる人のためだろう,お持ち帰り用の容器を60円で売っている。やはり駅の立ち食いそば屋だなあ。

このページの先頭  お品書き掲載部分

−−−お箸の仕切り線−−− 所在地:金沢駅改札口を上がってすぐの待合室内
探検時期:2010年1月  今回の探検目的:朝食
今回のお品書き:かけそば 中  今回の所要経費:320円
探検隊の報告:
 関西方面へと旅立つ。朝7時10分金沢駅発の雷鳥である。家を6時20分にタクシーで出たのだが,やはり町中は空いていて10分で金沢駅に着く。朝ご飯は食べていないので,軽くそばを食することにしたが,駅の待合室はやめて,改札を通り,構内に入る。初めてここの蕎麦を食してみる。金沢駅にある「白山そば」では3つめの店での満腹探検隊である。
かけそば小  さて,階段の途中にあるこの白山そばは7時開店だった。ぎりぎりである。それで,開店と同時に注文して,かけそばを食べたのだった。毎度おなじみ,駅の蕎麦である。生そばをさっと湯がくだけなので,味をしっかり味わうというより,ちょっとした軽食である。ここにも上に載せるものはいろいろあり,今まさに天ぷらを揚げていた。
 ということで,金沢駅にある「白山そば」は3店に行ってみたことになる。お値段は一緒だ。小250円,中320円,大400円である。どれがいいということもないのだが,ここで食べると,旅をしているなあと思う,そんなほっとする雰囲気の蕎麦なのだった。

このページの先頭  お品書き掲載部分

−−−お箸の仕切り線−−− 所在地:金沢駅構内待合室の脇
探検時期:2010年3月  今回の探検目的:朝食
今回のお品書き:かけそば  今回の所要経費:300円
探検隊の報告:
かけそば  大阪へと旅立つ。朝の金沢駅である。待合室脇の「白山そば」で軽くいただく。
 2人で1杯のかけそばである。昔,そんなような話があったような,なかったような。
 とりあえず眠っている胃袋を目覚めさせる。そして,電車に乗り込み,ビールを飲むのであった。えっ?朝の胃袋には刺激が強すぎるって?うーむ,これがおじさんの旅の楽しみなのだよ。
 ということで,この続きは大阪のお好み焼き「一銭屋」をどうぞ。

このページの先頭  お品書き掲載部分

−−−お箸の仕切り線−−− 所在地:金沢市増泉
探検時期:2010年3月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:天ぷらそば  今回の所要経費:450円
探検隊の報告:
窓からの眺め  ここは株式会社油谷の2階である。ここで白山そばが食べられるようになったと知ったのはつい最近のことである。そして,金沢駅でよく食べる「白山そば」がこの会社の運営であることも知った。さらに3つ目に知ったことは知り合いの連れあいさんがここにお勤めということである。なんのことはない,ここで食べられると知ったのも,その知り合いから聞いたからである。油谷といえば,「油谷乳業」がすぐ連想されたのだが,よもや金沢駅の「白山そば」がこの会社の運営であることは知らなかった。しかし,会社概要を読めば,なるほど,国鉄から駅構内での営業を許可されたのもうなずける。
窓からの眺め  とうことで,年度末も押し迫った日,ふらりとここへやって来た。工場の2階に店はあり,大きく開かれた窓からは3月の陽ざしが差し込む。しかし,雪が舞っている金沢である。町中の住宅街の中にあり,静かである。窓からは遠く倉が岳などの山々も見える。
 (左の写真は最初の写真の山の部分のアップ。倉ヶ岳が右の方に見える。)
天ぷらそば  さて,お品書きは駅とほぼ同じである。それよりももう少し単純というべきか。今回は,駅で食べたことのない天ぷらそばとした。駅ではかき揚げそばとか,甘エビかき揚げそばなんてのがあるが,ここは単純なエビ1匹の天ぷらの天ぷらそばである。蕎麦もなんだか駅で食べるより美味しい気がするのは,すぐ下で作っているからか。とにかく出汁もうまいので,全部すすってしまう。温かい陽ざしを浴びながら,のんびりと蕎麦を食べたのだった。
−−−おにぎりの仕切り線−−− 探検隊おまけの報告:
お品書き
このときのお品書きあれこれ
 うどん,そば同じ値段 かけ→300円,月見→350円,いなり→400円,天ぷら→450円など おにぎりも置いてある。

このページの先頭  お品書き掲載部分

−−−お箸の仕切り線−−− 所在地:金沢駅構内待合室の脇
探検時期:2010年4月  今回の探検目的:朝食
今回のお品書き:いなりそば  今回の所要経費:400円
探検隊の報告:
いなりそば  朝のお見送りである。朝食抜きで金沢駅にやって来て,軽く朝食代わりにそばをいただく。
 今回はちょっと中身入りで「いなりそば」である。金沢でいなりそば,いなりうどんというとあげの方は短冊に切った小さいものをたくさん入れるのをよく見るが,ここの「いなりそば」は薄揚げが1枚そのまま載っている。先月大阪の駅の立ち食いうどんの店「麺家」で食べた「きつねうどん」のように1枚載っている。しかし,同じ薄揚げが載っていても,大阪では「きつね」金沢では「いなり」である。これも文化だなあ。

このページの先頭  お品書き掲載部分

−−−お箸の仕切り線−−− 所在地:金沢駅構内待合室の脇
探検時期:2010年8月  今回の探検目的:夕食
今回のお品書き:かけうどん  今回の所要経費:300円
探検隊の報告:
かけうどん  新潟出張の帰りである。家に帰っても誰もいないので,軽く金沢駅で晩ご飯というか一杯飲んで帰ろうと思ったが,電車の中でもよく飲んだので,結局軽く食べて帰ることにした。まさしくかなり軽く,かけうどんである。おなかに優しいかけうどんである。
 さて,うどんを食べていて気がついたが,金沢駅には「白山そば」は4軒あるらしい。そんなことが書いてある。ホームには上り線と下り線のどちらにもあるらしい。ということは,これまではまだ3カ所しか行っていないということだ。下り線にはまだである。またもや探検場所を見つけた満腹探検隊であった。

このページの先頭  お品書き掲載部分

−−−お箸の仕切り線−−− 所在地:金沢駅構内待合室の脇
探検時期:2011年4月  今回の探検目的:朝食
今回のお品書き:かき揚げそば  今回の所要経費:450円
探検隊の報告:
かき揚げそば  1年前と同じお仕事である。皆さんをお見送りに朝食抜きで金沢駅へとやって来た。そして,改札口で見送ったあと,駅の待合室の脇の「白山そば」で軽く朝食である。
 今回はちょっと奮発して「かき揚げそば」である。おお,おじさんの贅沢だ。野菜たっぷりの,どんぶりの上一面を覆うかき揚げであった。
 さてと,では職場に戻ってお仕事といたしましょうか。

−−−おにぎりの仕切り線−−− 探検隊おまけの報告:
金沢駅構内の「白山そば」
営業時間
営業時間:朝6時から
お品書き
このとき(2011年4月)のお品書きいろいろ:
かけそば(うどん)→300円,天ぷらそば(うどん),かき揚げそば(うどん)→450円 など
−−−おにぎりの仕切り線−−− 探検隊おまけの報告:
金沢駅1,2番線ホームの「白山そば」
お品書き
このとき(2011年4月)のお品書きいろいろ:
そば・うどん→320円,小は250円,大は400円
月見→370円,いなり→400円,めかぶ→420円,山菜,とろろ→各460円,飛騨牛コロッケ,野菜かき揚げ, 元祖天ぷら→各470円,えび天,甘海老かき揚げ,天玉,肉,にしん→各520円,牛カレー→570円 など

このページの先頭  お品書き掲載部分

−−−お箸の仕切り線−−− 所在地:金沢駅構内待合室の脇
探検時期:2013年4月  今回の探検目的:朝食
今回のお品書き:白えびかき揚げそば  今回の所要経費:520円
探検隊の報告:
 朝の金沢駅でのお見送りである。朝食抜きで家を出て,朝6時15分過ぎに駅に着く。まだちょっと時間にゆとりがあるので,駅の待合室の脇の「白山そば」で軽く朝食をいただく。
白えびかき揚げそば  今日はお品書きの中でも最も高い「白えびかき揚げそば」である。これまでも天ぷらそば,かき揚げそばなどがあったし,「甘えびかき揚げそば」というのもあった。しかし,ここ金沢で「白えびかき揚げそば」は初めて見たような気がする。それで,お品書きの中でも最も高いこの食べたことのない「白えびかき揚げそば」を選択する。白えびのかき揚げは富山ではよく目にするお品書きだが,あまり金沢では見ない。ということで,これが「白えびかき揚げそば」である。かき揚げそばは好きなお品書きだが,この白えびのかき揚げもなかなか美味しかった。ちなみに,前に来た時よりも若干値上げしているようである。それはまあ世の流れか。それと,そば,うどんだけではなく,ラーメンが新たにお品書きに登場していた。一度これも食してみなくては。さて,次にここで食べるのはいつのことやら。

このページの先頭  お品書き掲載部分

−−−おにぎりの仕切り線−−− 探検隊おまけの報告:
お品書き
このとき(2013年4月)のお品書きあれこれ
かけそば→320円,月見そば→370円,いなりそば→400円,とろろそば,山菜そば→各440円,かき揚げそば,天ぷらそば→各470円,にしんそば,天玉そば,肉そば,白えびかき揚げそば→各520円

このページの先頭  お品書き掲載部分

−−−お箸の仕切り線−−− 所在地:金沢駅構内待合室の脇
探検時期:2013年7月  今回の探検目的:朝食
今回のお品書き:かき揚げそば  今回の所要経費:470円
探検隊の報告:
 金沢から大分は別府までの旅である。朝9時3分のサンダーバードに乗る。8時過ぎに金沢駅に着き,出発までは時間がある。その朝ご飯である。毎度おなじみここ「白山そば」に立ち寄ることとする。いったいここで何を食べたのかは忘れているので,適当に選ぶ。と言ってもそばは選択し,あとは何を載せるかだが,天ぷらは好きなので,いや,あまり食べることがないので「かき揚げそば」としたのだった。
かき揚げそば  お品書きを見ると,「うどん」と「金沢うどん」というのがある。いったいどう違うのだかわからないのだが,これは今度聞いてみるか。そして,「ラーメン」復活とある。お品書きを見るといつの間にか「ラーメン」というのができていたのだった。これまた満腹探検隊としてはこのラーメンも今度食してみねばなるまい。いや,そう決意したのは前に来た4月だったのに,すっかり忘れているのだった。

このページの先頭  お品書き掲載部分

−−−お箸の仕切り線−−− 所在地:金沢駅構内待合室の脇
探検時期:2015年4月  今回の探検目的:朝食
今回のお品書き:和風らーめん  今回の所要経費:500円
探検隊の報告:
 立ち食いそば屋のラーメンもなかなかいけるのだった。
 久しぶりの「白山そば」である。というのも,2015年3月14日の北陸新幹線開業をひかえ,2014年の7月末にこの「白山そば」がいったん閉店していたのである。新幹線のホームや改札口の新設と共に,待合室も改装されていたのだった。それも北陸新幹線の開業と共に,新しく復活し,「白山そば」も新しく開業したのだった。
 この日は京都への出張である。朝早く自宅を立ち,金沢駅へとやって来て,軽く朝ご飯にと立ち寄ったのがここ「白山そば」である。で,選んだのがかねてより食べてみたかった「和風らーめん」である。立ち食いそばの店で,うどん,そばのほかに唯一の変わり種がこの「和風らーめん」なのだった。現在前のように券売機がなく,カウンターで注文してお代を支払う。500円の「和風らーめん」である。
 さて,できあがるまで見ていると,出汁はラーメン専用のようである。うどんそばと同じ出汁で,麺だけがラーメンかと思ったが,どうも違う。
和風らーめん  そして出てきたのがこんな感じ。丼はうどんそばと全く同じである。載っているのは海苔,ネギ,メンマ,チャーシューに赤巻きはべんである。いかにも昔ながらの大衆食堂のラーメンという感じ。これであのありふれた赤いラーメンどんぶりで,中華のマークでもあろうものなら,懐かしの風情である。
 さて味はというと,そこそこいけるのだった。スープも昔懐かしの醤油味。麺はそこそこの茹で具合で,丼に結構たっぷりの量である。朝のまだ目覚めていない胃袋にはちょっとやさしいラーメンであった。
 ということで,スープまですべて飲み干し,さて,京都へと向かいますか。

このページの先頭  お品書き掲載部分

−−−おにぎりの仕切り線−−− 探検隊おまけの報告:
お品書き
このとき(2015年4月)のお品書きいろいろ:
うどん,そばは同一価格
かけ→370円,月見→420円,いなり,おろし→各470円,山菜,めかぶ,とろろ→各490円,天ぷら,野菜かきあげ→各520円,白えびかきあげ,天玉,肉→各570円,カレー→600円,にしん→650円
和風らーめん→500円,ざるそば→530円,うどんそばの冷やし→各30円増し,大盛り→100円増し

このページの先頭  お品書き掲載部分

−−−お箸の仕切り線−−− 所在地:金沢駅構内待合室の脇
探検時期:2015年5月  今回の探検目的:朝食
今回のお品書き:野菜かきあげそば  今回の所要経費:520円
探検隊の報告:
かき揚げそば  金沢から名古屋へと向かう。その朝いただいた。この手の立ち食い蕎麦ではついつい揚げ物を載せたやつを注文するのだった。
 ということで「野菜かきあげそば」。
 さてと,では電車に乗りますか。

このページの先頭  お品書き掲載部分

−−−お箸の仕切り線−−− 所在地:金沢駅構内待合室の脇
探検時期:2015年10月  今回の探検目的:朝食
今回のお品書き:月見そば  今回の所要経費:420円
探検隊の報告:
月見そば  人生初の「月見そば」をいただく。
 考えてみればこの単純な,かけそばの上に生玉子を割って載せただけのお品書き,これをこれまで食べたことがなかった。要するにわざわざ外で食べるような凝ったお品書きでもないし,とりたてて玉子が好きというわけでもないし,「月見そば」食べるくらいなら「かけそば」で十分という感覚であった。
 それがなぜ今回「月見そば」かというと,今度からこの「白山そば」のお品書き全制覇にでも挑戦してみるかと思ったからなのだった。というのも,休日に職場へ朝早く行く必要がしばしば生じていて,その時に自宅での朝食抜きで家を出て,軽く麺類を食べていたのだが,今の職場でよく利用していた「なか卯」も麺類のお品書きは少ないので,今度からは「白山そば」ということにしたのだった。
 で,お品書きの左から順にまずは「かけそば」の隣の「月見そば」を注文したのだった。
 ということで,はたして,今の職場でこの「白山そば」全お品書き制覇となりますやら。
 それにしても「月見そば」というのはなかなかの命名であるとこのとき思った。「玉子そば」ではなく,「月見」である。月を愛でる日本人ならではの命名ではなかろうか。そして,生の玉子が新鮮で食べられるからこそできるお品書きである。全国どこででも生玉子が日常的に食べられる国なんて日本以外にそうそうないだろう。
 そう思いつつ,生玉子をすべて食べるために,お汁をすべて飲み干すのであった。

このページの先頭  お品書き掲載部分

−−−お箸の仕切り線−−− 所在地:金沢駅構内待合室の脇
探検時期:2015年11月  今回の探検目的:朝食
今回のお品書き:おろしそば  今回の所要経費:470円
探検隊の報告:
おろしそば  「白山そば」全お品書き制覇第2弾「おろしそば」である。
 「おろしそば」と注文したら,「熱いのでいいですか。」と聞かれた。そう言えば「おろしそば」といえば「越前おろしそば」ならば冷たいそばである。冷たいそばもできるんだったかとお品書きを見上げると,確かに「冷たいうどん・そば30円増し」となっている。だがしかし,温かいそばのお汁がほしくて「熱い方で」と答えるのであった。
 しかし,「かけそば」の100円増しの「おろしそば」,100円増しにしてはしょぼいな。これだけの大根おろしだけで100円増しかと思ってしまう。まあ,「月見そば」じゃないが,お品書き全制覇でなければきっといただかないであろう。食べるなら「越前おろしそば」である。
 ということで今回も,大根おろしをすべていただくために,お汁をすべて飲み干すのであった。

このページの先頭  お品書き掲載部分

−−−お箸の仕切り線−−− 所在地:金沢駅構内待合室の脇
探検時期:2015年11月  今回の探検目的:朝食
今回のお品書き:山菜そば  今回の所要経費:490円
探検隊の報告:
 土曜日の早朝である。連れ合いが旅に出るので金沢駅へと送ってきた。そのついでに自分はこの「白山そば」で軽く朝食代わりに蕎麦をいただくこととする。
 現在全お品書き制覇中につき,今日は「山菜そば」である。ちなみに,全お品書き制覇と言いながらもうどんまでは今のところ手を出す予定はない。いや,舌を出す予定がないと言うべきか。
山菜そば  さて,出てきた「山菜そば」はこんな感じ。「かけそば」の120円増しである。あのよく売っている味のついている山菜がパラパラと上に載っているのだった。この山菜は結構濃い味。まあ,全お品書き制覇じゃなければこれは注文しない。じゃあ,注文するなよって感じなのであるなあ。全くもって閑人のすることをやっている満腹探検隊であった。
 隣のおばちゃんは「めかぶそば」であった。おお,次はこれかと思いつつ「山菜そば」をいただく。
 しかし,福井駅の立ち食いそばの「今庄そば」に比べると金沢駅の「白山そば」は少々お高めである。先日「今庄そば」で食べてそう思った。「今庄そば」ならかけそばが300円だが,「白山そば」のかけそばは370円であり,2割以上も高い。質的にはまず変わらないと思うが,高いのであった。「今庄そば」はすべて500円以内,ワンコインで収まるが,「白山そば」はワンコインで収まらないお品書きがたくさんある。7品がワンコインで収まり,7品が500円を超える。まあ,ここは今年3月の新幹線開業で駅も新しくなり,店も新しくなった。その分お高めなのであろう。だが,この新幹線開業でやたらと金沢が注目され,観光客も増え,ホテル代が以前よりも高くなっているそうである。つまり人が来るので高くしても売れるのである。それで観光客からは以前より高すぎるという苦情が来ているそうである。いかんねえ,問題は金儲けじゃないだろう。何度も来てくれることが大切だ。おもてなしの心を忘れたら,人は二度と来てくれないよ。このままじゃ「金沢ブーム」は去っていくだけだよ。誠実な対応こそが一番だ。

このページの先頭  お品書き掲載部分

−−−お箸の仕切り線−−− 所在地:金沢駅構内待合室の脇
探検時期:2016年1月  今回の探検目的:朝食
今回のお品書き:めかぶそば+白えびかき揚げ(おまけ)
今回の所要経費:490円
探検隊の報告:
 40年に一度の大寒波などという日曜日に出勤である。朝6時起床で,毎度おなじみ何も食べずに家をでて,毎度おなじみ「白山そば」で立ち食いそばをいただく。
 さて,今日のお品書きはお品書き制覇で順番にやって来て「めかぶそば」である。
 しかしここで予期せぬ出来事が起こる。カウンター内には主に会計担当のおばちゃんと,主に調理担当のおばちゃんの2人がいる。会計担当のおばちゃんがしっかりと「めかぶそば」と調理担当のおばちゃんに言っていたのだが,調理担当のおばちゃんはただいま白えびかき揚げを作っていて,白えびかき揚げのことばかりが頭にあったらしい。なので,間違えてそばの上に白えびかき揚げを載せたのだった。主に会計担当のおばちゃんが
「あら〜,『めかぶそば』よ。」
と言うと,主に調理担当のおばちゃんが
「あら〜,今かき揚げのことばかり頭の中にあって,間違えちゃったわ。すみません,この横にめかぶを載せるってことでいいですか。」
と言う。こちらとしてはいきなり豪華立ち食いそばになってしまったのだったが,
「あら〜,こちらこそ,そんなのもらっていいんですか。」
と言ってこのおまけ付き「めかぶそば」をいただいたのだった。
めかぶそば+白えびかき揚げ(おまけ)  いやはや予期せぬおまけである。白えびかき揚げなんて,トッピングとしては200円増しだから,本日は豪華立ち食いそばである。しかもこの白えびかき揚げは前述の通り今揚げていたもの。つまり揚げたてのかき揚げであり,美味しい。
 ところで,このめかぶの方はどうだったかって?そうだねえ,かき揚げ揚げてたおばちゃんと一緒で,白えびかき揚げにばかり注意が行ってしまい,さてめかぶの味はどんなものだったやら。まあ結構しゃきしゃきのめかぶで,海藻好きにはいいでしょう。
 ということで,今日は主役よりも脇役の方が目立ってしまった「白山そば」だった

このページの先頭  お品書き掲載部分

−−−お箸の仕切り線−−− 所在地:金沢駅構内待合室の脇
探検時期:2016年2月  今回の探検目的:朝食
今回のお品書き:天ぷらそば  今回の所要経費:520円
探検隊の報告:
 またもや朝食抜きの早朝出勤で,その途中に金沢駅に立ち寄って,ここ「白山そば」で軽く朝食である。
天ぷらそば  順番ならば「とろろそば」であったのだが,どうも寂しいなあと「天ぷらそば」を選択する。お品書き制覇も挫折しそうである。
 さて上に載っているのは海老天であるが,海老は小ぶり。まあどちらかというと衣たっぷりの天かす入りそばって感じだが,それでも天ぷらってのはうどんやそばには合う。出汁を吸った天ぷらはなかなか美味しいのであった。

このページの先頭  お品書き掲載部分

−−−お箸の仕切り線−−− 所在地:金沢駅構内待合室の脇
探検時期:2016年4月  今回の探検目的:朝食
今回のお品書き:野菜かきあげそば  今回の所要経費:520円
探検隊の報告:
野菜かきあげそば  早朝に行事で出発するみなさんのお見送りである。
 お見送りをすませて同僚と共に軽く朝食にとここ「白山そば」にやって来た。
 お品書き制覇のためには前回見送った「とろろそば」であるが,またもや今回それを見送って「野菜かきあげそば」である。なんで「とろろ」を選ぶのかと同僚にいぶかしげに見られそうで,よくある天ぷらの「野菜かきあげそば」にしてしまったのだった。別に人にどう見られようとも好きなようにすればいいものだが,つい人様の目を気にするという困った性格であることを実感した朝であった。

このページの先頭  お品書き掲載部分

−−−お箸の仕切り線−−− 所在地:金沢駅構内待合室の脇
探検時期:2016年8月  今回の探検目的:朝食
今回のお品書き:肉そば  今回の所要経費:570円
探検隊の報告:
肉そば  終戦記念日の朝である。お盆の朝である。巷はお休みのところも多いかもしれないが,自分は通常出勤である。妻は休暇中で金沢にはいない。なので,面倒なので朝ごはん抜きで家を出て,途中の金沢駅で毎度おなじみ軽く「白山そば」の立ち食いそばである。
 さて,全お品書き制覇もあと少し。今朝は「肉そば」である。あとになればなるほど,贅沢でお高いお品書きである。この「肉そば」は蕎麦の上に甘辛く味付けした牛肉が載る。いわばすき焼きの牛肉のような感じで,美味しい。おそらくその味付けをした汁も少々だし汁に混じり,結構濃い目の麺汁となっている。立ち食いそばだが,今朝の茹で方はちょっと硬めでちょうどよいのだった。
 あとから来たお客が「冷たいのはできるか。」と聞いている。「カレーうどん以外はできますよ。」との答に冷たい蕎麦の大盛りを注文している。暑い夏,そんな注文もいいかと思うが,そういえば昨日はざるそばを食べたのだった。やはり立ち食いそばは丼に熱いお汁でしょ,というのはおじさんの偏見か。

このページの先頭  お品書き掲載部分

−−−お箸の仕切り線−−− 所在地:金沢駅構内待合室の脇
探検時期:2016年9月  今回の探検目的:朝食
今回のお品書き:にしんそば  今回の所要経費:650円
探検隊の報告:
 いよいよここのお品書きの中では最高値の「にしんそば」をいただくこととする。
 またもや朝食抜きで,朝早い出勤である。と言ってもいつものように朝の7時前に駅にやって来たのではないが。で,「この際だ最高値の「にしんそば」にしよう」と,注文をする。
にしんそば  待つことしばしと言うよりも,あっという間にできあがる駅の立ち食いそばである。ニシンは1匹ずつ真空パックされたものから出されて載せられる。このニシン,予想通り甘辛く,ごはんのおかずにぴったりである。「にしんそば」というのを初めて食べて,いろいろな所で「にしんそば」も見かけるのだが,やはりこの手のニシンはごはんの方が合うなあ。なんで「にしんそば」なんてのがどこにでもあるのだろうか。いや,麺類好きの日本人だから,なんでも麺の上に載せるのかも知れない。なにしろカレーうどんなんてものまで発明するのだから。ニシンのみならずトンカツやらコロッケやらいろいろなものが載ったうどんやそばがある。そう言えば先日長野の道の駅「信州蔦木宿」で食べたそばは焼き鯖が載っているやつだった。
 ということで,「にしんそば」は甘辛く美味しいニシンがもったいない。ぜひごはんのおかず,いや酒の肴にいただきたいお品書きである。

このページの先頭  お品書き掲載部分

−−−お箸の仕切り線−−− 所在地:金沢駅構内待合室の脇
探検時期:2016年10月  今回の探検目的:朝食
今回のお品書き:かけそば  今回の所要経費:370円
探検隊の報告:
かけそば  またもや日曜日の1日勤務である。そして,朝は早い。連れ合いの手を煩わせず,かといって自分で台所に立つこともせず,お手軽に軽食をいただくには通勤経路にほど近い金沢駅に立ち寄るのが一番である。そしてここは駅前の駐車場は20分間無料。この立ち食いそばは車を停めて20分以内で終わるのだった。
 ということで,今日は「かけそば」。胃袋が目覚めていないこの朝の時間帯,軽くいただいて,お昼には「金石餃子店」で満腹になることとしよう。

このページの先頭  お品書き掲載部分

−−−お箸の仕切り線−−− 所在地:金沢駅構内待合室の脇
探検時期:2016年10月  今回の探検目的:夕食というか軽食
今回のお品書き:和風ラーメン  今回の所要経費:500円
探検隊の報告:
和風ラーメン  和風出汁がちょっとしたことでラーメンに合うスープとなるのだった。
 金沢駅前,県立音楽堂での研修帰りの夕方である。そのまま自宅に帰るのではなく,仕事の残る職場へと戻る。遅くなることが予測できたので,軽食をいただくこととする。そのために立ち寄ったのが駅構内の毎度おなじみ「白山そば」であった。
 本日は「和風ラーメン」。見ているとまずは丼の中に胡椒らしき粉末を振りかけている。それから麺の茹で時間が結構長い。蕎麦だったならば,お湯にさっとくぐらせるだけって感じで,あっという間に出てくるのだが,ラーメンの中華麺はタイマーで時間を計り,結構な時間茹でているのだった。そうして何のことはないうどんや蕎麦と同じ和風の出汁を入れていると思うのだが,それがちょっとばかり胡椒の利いたラーメンスープに変身するのだった。いや,きっと入れていたのは胡椒だと思う。スープがそんな味だ。で,チャーシューやメンマが載れば,それはうどん蕎麦と同じ丼でも,まるでラーメンなのだった。しかも麺は結構硬めでまあまあいけるのだった。
 じゃ,職場に戻って仕事しますかね。

このページの先頭  お品書き掲載部分

−−−お箸の仕切り線−−− 所在地:金沢駅構内待合室の脇
探検時期:2016年11月  今回の探検目的:朝食
今回のお品書き:カレーうどん  今回の所要経費:600円
探検隊の報告:
カレーうどん  本日初挑戦の「カレーうどん」である。
 以前は「カレーそば」はなくて,「カレーうどん」しかなかったように思ったが,今回お品書きを見ると,「カレー うどん・そば」とあり,いつの間にか「カレーそば」もできていたのだった。どっちにしても,出汁とカレーをかけるだけで,すぐにできるのだから,蕎麦のカレー味がほしいというお客もあるのだろう。
 今回できあがるまで見ていて思ったが,常にレトルトカレーが麺を茹でるところに1つだけ突っ込まれていて,すぐにカレーに対応できるように温められていた。この手のカレーとか山かけのとろろとかはここは1人前ずつパック入りなのだが,専用のカレーが用意してあった。注文があればこれを出し,新しいやつをまた温め始めるのだった。
 出汁の上にかけられているカレーだが,よくかき混ぜていただく。まあまあのカレー味かな。この出汁は最後まで飲み干さないといけない。なにしろカレーに入っている5ミリ角くらいのジャガイモが結構底に残っている。そして小さな肉も底に残っている。なので最後の最後までいただいた。
 ここまでの温かいそばうどんの満腹探検隊としての好みは「野菜かきあげ」「白えびかきあげ」ってところかな。揚げ物が好きなんだが,「天ぷら」は小さな海老で衣だらけなのでいまいち。ちょっと贅沢に「野菜かきあげそば」か「白えびかき揚げそば」,あるいは単純に「いなりそば」か「かけそば」がここのおすすめです。

このページの先頭  お品書き掲載部分

−−−お箸の仕切り線−−− 所在地:金沢駅構内待合室の脇
探検時期:2017年1月  今回の探検目的:朝食
今回のお品書き:野菜かきあげそば  今回の所要経費:520円
探検隊の報告:
野菜かき揚げそば  本日は日曜日の早朝出勤。毎度おなじみ「白山そば」に立ち寄って軽く朝食としていただく。
 注文は好きな「野菜かきあげそば」。この天ぷらがいい味だね。出汁にしみて,全体に柔らかくなり,ちょうどいい味になる。
 さてと,今日も仕事を頑張りますか。

このページの先頭  お品書き掲載部分

−−−お箸の仕切り線−−− 所在地:金沢駅構内待合室の脇
探検時期:2017年1月  今回の探検目的:朝食
今回のお品書き:かけそば  今回の所要経費:370円
探検隊の報告:
かけそば  前回から1週間後の日曜日,再び早朝出勤でここ「白山そば」に立ち寄る。
 今日は「かけそば」。駅の立ち食いそばの原点に立ち返っての「かけそば」である。
 立ち食いといいながらも,テーブルに椅子席もあり,今日は椅子に座る。そしてちょっとばかり一味の容器も入れて撮影。「かけ」だけれども,お汁はすべていつも飲み干すので,これでも結構お腹がいっぱいになるのであった。
 さてと,今日も仕事を頑張りますか。

このページの先頭  お品書き掲載部分

−−−お箸の仕切り線−−− 所在地:金沢駅構内待合室の脇
探検時期:2017年2月  今回の探検目的:朝食
今回のお品書き:とろろそば  今回の所要経費:490円
探検隊の報告:
とろろそば  日曜日の早朝である。職場での仕事がある。それで毎度おなじみ「白山そば」である。
 こんな出勤もこれが最後だなあ。
 さて,これが最後だとするとこのあとしばらく来ないかも知れないので,まだ味わっていない「とろろそば」とする。かけそばに透明パック入りのとろろが開けられて載せられるのだった。このとろろ粘りけがあるというよりも,大根おろしのように細かくなっている。なのでこれをいただくには最後には出汁を飲み干さなくてはならない。ということで,最後の最後まで出汁を飲み干し,午前中の栄養補給としたのだった。

このページの先頭  お品書き掲載部分

−−−お箸の仕切り線−−− 所在地:金沢駅構内待合室の脇
探検時期:2017年8月  今回の探検目的:朝食
今回のお品書き:かけそば  今回の所要経費:370円
探検隊の報告:
かけそば  久しぶりの「白山そば」は,ひさしぶりの「かけそば」である。
 このように早朝来て利用するのも久しぶりである。4月以来このような機会がとんとなかった。で,本日は独り身なので,朝を家でごたごたするよりも,とっとと家を出て,ここ金沢駅の「白山そば」にやって来たのだった。
 最初は朝ご飯ぐらい抜いてもいいかと思ったが,この「かけそば」をいただいて,すでに10時頃にはお腹が空き始めたのだった。やはり「早寝早起き朝ごはん」は大切だねえ。
 ということで,暑い夏なので初の「ざるそば」もいいかと思ったが,何しろ味噌汁代わりのおつゆがほしい。ということで,やはりたっぷりお汁というか,まあ普通の量だろうが,汁のあるものにしたのだった。
 うん,これぞ駅の立ち食いの味だねえ。シンプルなねぎとはべんの載った蕎麦。やや柔らかめの蕎麦。プラスチックのどんぶり。一味を振りかけ,汁を飲み干す。

このページの先頭  お品書き掲載部分

−−−お箸の仕切り線−−− 所在地:金沢駅構内待合室の脇
探検時期:2017年8月  今回の探検目的:朝食
今回のお品書き:野菜かき揚げうどん  今回の所要経費:520円
探検隊の報告:
 久しぶりのうどんである。
 この日は連れ合いが早朝の電車で出かけるのを金沢駅まで送ってきた。共に朝ごはん抜きで,自分はすぐに職場に向かうので開いているここ「白山そば」にやって来たのだった。
 ちなみに,この金沢駅の待合室の並びには早朝に開く店が3つある。この「白山そば」は6時から開店。あとの2つは7時からである。このときはまだ7時前。連れ合いは少々時間があるので蕎麦ではなく,コーヒーも飲みたいと,「ジャーマンベーカリー」が開くのを待って,そちらに行ったのだった。
野菜かき揚げうどん  さて,久しぶりのうどんのお品書きである。そして,「野菜かき揚げ」を選択する。やはりかき揚げは好きなお品書きである。このうどんの出汁に浸して,少々ふやけてきたところがまた美味しい。「白海老かき揚げ」もいいのだが,当然ながら少々お高め。なので,「野菜かき揚げ」としたのだった。最後まで出汁を飲み干し,職場へと向かう。

このページの先頭  お品書き掲載部分

−−−お箸の仕切り線−−− 所在地:金沢駅構内待合室の脇
探検時期:2017年12月  今回の探検目的:朝食
今回のお品書き:野菜かき揚げうどん  今回の所要経費:520円
探検隊の報告:
野菜かき揚げうどん  久しぶりの「白山そば」である。人を送って金沢駅へとやって来る。時刻は6時半前。この際だから朝ごはんはここ「白山そば」で軽くそばかうどんをいただいて,帰宅することとする。
 そして選んだのが「野菜かき揚げうどん」520円也。前回もこれだったのかと,後で報告を読んで確認し,いったいどういう了見でこれを選んだのかと思うのだが,まあいいか。寒い冬,温かいうどんが美味しい。そしてやはり,この出汁のしみた揚げ物が好きである。
 次々とお客がやって来るのだが「山菜めかぶそば」などと,豪華トッピングのお客もいる。まあ,何を載せるかは好き好きなんだけどね。

このページの先頭  お品書き掲載部分

−−−お箸の仕切り線−−− 所在地:金沢駅構内待合室の脇
探検時期:2018年3月  今回の探検目的:朝食
今回のお品書き:野菜かき揚げそば+和風ラーメン
今回の所要経費:520円+500円
探検隊の報告:
 久しぶりの「白山そば」である。
野菜かき揚げそば  この日は連れ合いが早朝の電車で出かけるのを金沢駅まで送ってきた。共に朝ごはん抜きで,とっとと家を出てきた。
 前にもこんなことがあったねえ。
 前は自分だけ「白山そば」連れ合いは「ジャーマンベーカリー」だったが,今回は「ジャーマンベーカリー」が開く前に連れ合いは友人と集合らしく,2人とも「白山そば」である。
野菜かき揚げそば  さて,選んだのは大好き「野菜かき揚げそば」を選択する。やはりかき揚げは好きなお品書きである。このうどんの出汁に浸して,少々ふやけてきたところがまた美味しい。
 連れ合いは「和風ラーメン」。
 和風だしのラーメンである。
 では「行ってらっしゃい。」

このページの先頭  お品書き掲載部分

−−−お箸の仕切り線−−− 所在地:金沢駅構内待合室の脇
探検時期:2018年12月  今回の探検目的:朝食
今回のお品書き:いなりそば
今回の所要経費:470円
探検隊の報告:
 ありふれた「いなりそば」なんだが,この店が改装して以来,すなわち北陸新幹線が開業して以来,全お品書き制覇といいながらも,「いなりそば」は食べていなかった。
 「いなりそば」はいわゆる金沢弁であり,油揚げの載ったそばが「いなりそば」なのだが,これはとりたてて珍しいお品書きではない。
 また,カップ麺でも金沢弁「いなりうどん」共通語なら「きつねうどん」などという油揚げの載ったものは時々食べるので,「いなり」はそんなに珍しいものではない。
 なので,ここで2015年の北陸新幹線開業以来注文したことがなかったのであった。
いなりそば  ということで,こちらが「いなりそば」。
 「きつねそば」(関東)とは言わない,「たぬきそば」(関西)とは言わない,「いなりそば」なのであった。
 ちなみに,今回の特別報告は,まずはビール。一応ここでは冷えた缶ビールを売っている。そいつが280円。飲食店にしては良心的価格。ここで飲むなら280円ということである。まあ,電車で飲むなら,コンビニで買い込んだ方がもう少々安いのではあるが。
 特別報告その2は,全国交通系ICカードで支払いができること。お客さんがそれを使って支払いをしていたので,気がついた。金沢市内の飲食店で全国交通系ICカードが使えるところは数少ない。だがしかし,さすが駅構内の店ということか,全国交通系ICカードが使えるのだった。

このページの先頭  お品書き掲載部分

−−−お箸の仕切り線−−− 所在地:金沢駅構内待合室の脇
探検時期:2019年1月  今回の探検目的:朝食
今回のお品書き:白えびかき揚げそば
今回の所要経費:570円
探検隊の報告:
 新幹線開業以来,初めてまともに「白えびかき揚げそば」をいただいた。
 というのも,以前にお店のおばちゃんが間違えて「白えびかき揚げ」をのっけてしまい,サービスでいただいたことはあっても,「白えびかき揚げ」のみの,正規の(?)「白えびかき揚げそば」は初めていただいたのだった。つまりは久しぶりの「白えびかき揚げそば」であった。
白えびかき揚げそば  しかし,風邪をひいているせいだろうか,出汁の味がかなり濃く感じる。いつもなら,少々甘めで,やや薄いかななどとも思っていたのに,今日は結構濃いめの醤油味を感じる。なので,珍しく今日は出汁を飲み干さずに残してしまった。
 そう言えば,隣のおにいさんが缶ビールと共にそばを食べている。前回ここに缶ビールがあることを紹介したが,「やっぱりそうなんだ。飲む人もいるんだ。」と当たり前のことに,感心したのだった。

このページの先頭  お品書き掲載部分

−−−お箸の仕切り線−−− 所在地:金沢駅構内待合室の脇
探検時期:2019年1月  今回の探検目的:朝食
今回のお品書き:天玉そば
今回の所要経費:570円
探検隊の報告:
 いよいよこの「天玉そば」で,この「白山そば」の基本のお品書き全制覇(のはず)である。
天玉そば  お品書きもいろいろと変化がつけられて,よくお客さんの中には「とろろそばに生玉子」とか「コロッケそば」なんてな注文をする人もいて,いろいろと食べられるのだが,書いてる基本のお品書きのうち,そばについてはおそらく全制覇のはずである。「カレーそば」なんてのも注文できるようだが,やっぱりカレーにはうどんでしょ,と「カレーうどん」は食べたので,「カレーそば」がまだだと言えばまだだが,満腹探検隊も暇人だねえ。
 自分で言うのもおかしいが,わざわざ寄り道して金沢駅来ることもないのだが,やっぱり,暇人の満腹探検隊は全お品書き制覇なんてのをやってみたくなるのであった。
 次はうどんについて全制覇かな。いや,夏場のお品書き「ざるそば」をはじめとして,冷やしものいろいろあるんだった。

このページの先頭  お品書き掲載部分

−−−お箸の仕切り線−−− 所在地:金沢駅構内待合室の脇
探検時期:2019年10月  今回の探検目的:朝食
今回のお品書き:めかぶそば
今回の所要経費:500円
探検隊の報告:
 いよいよ正規の「めかぶそば」を食べるときがやって来た。
 というのも,以前に「めかぶそば」を注文したときには,調理をするおばちゃんが間違えて,白えびかき揚げまでも載せてしまったのだった。そのときは幸運にも追加料金なしで「めかぶそば 白えびかき揚げ載せ」をいただいたのだったが,今回はおばちゃんも間違えることはなく,正規の「めかぶそば」である。
めかぶそば  この「めかぶ」を入れることでどうなるかというと,出汁がちょっと磯くさく,海の香りの蕎麦になるということである。それも最初にめかぶを口にして,お汁をすすった時くらいだが,次第に味わいに慣れてしまう。それにしても,朝の胃袋に,この出汁は染みていく。最後まで飲み干して,朝の一杯が終わる。
 そうそう,10月になり,消費税率も上がり,お値段も上がっていた。基本ちょっとしたものは10円の値上がり,豪華トッピングのものは20円の値上がりといった感じである。それと,「肉玉そば」というお品書きが増えていた。といっても「肉そば」に生玉子を載せただけで,どの蕎麦,うどんであっても生玉子を載せたら50円増しだから,とりたてて特出ししなくてもいいようなお品書きだが,追加されていたのだった。

このページの先頭  お品書き掲載部分

−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−− 満腹探検隊の トップページ  検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集

−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−− Prince Kochan's Productionの トップページ
サイトマップ  更新情報