満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:旬菜焼 はざま

分類:和食・洋食
所在地:金沢市下本多町6−1−2(北陸電力の真裏のビルの角)

−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2019年8月  今回の探検目的:宴会
今回のお品書き:会席料理+あとは飲み物適当に注文
今回の所要経費:7000円+飲み物割り勘で1人2200円
探検隊の報告:
 ビルの狭間の「はざま」に,お休みの狭間のある平日,4人が集った。
 いつもの面々の懇親会である。今回の会場は「旬菜焼 はざま」。4人の中の1人がこの店をよく知っていて,利用もしているらしく,会場をここにしようということで,集ったのだった。
 店に入って,奥の小上がりが今日の席である。
先付けの箱  飲み物はまずは瓶ビール。
 暑い夏,まずはビールが美味い。
 そして出てきたのが先付け。いやはや,このような出し方からして,この先期待が持てる。
 蓋を開けると,ごらんのような感じ。
先付け  左上「モロッコインゲン」
 右上「鴨と茄子の煮浸し」
 中央「豆腐の味噌漬け」
 これは1年間つけてあったという。
 左下「能登ずいきの酢の物」
 右下「加賀太キュウリとウニ」
 先付けをいただきながら,いつものメンバーのいつものたわいない話が始まる。
 ほどなくして「自家製チーズ」が出てくる。チーズが自家製だなんて,なんて洒落てる。
 クラッカーの上に取り,酒のアテにはぴったりである。
チーズ  この店をよく知っているという一人は,金沢の地元情報誌「CLUB」(クラブ)を持ってきていて,それにこの「はざま」が紹介されていたのを見せてくれる。
 それにしてもプロが撮影するときれいに撮れるものだ。いや,だからこそのプロだが。
 適当に携帯電話の,しかももう10年ほど前のいわゆる「ガラケー」というやつで適当に撮影した画像でははるかに及ばない。
 時々ピンボケになるわ,赤みがかったりするわで,こちらはまあ料理の雰囲気のみを伝える程度の写真である。
 ちなみに,この「満腹探検隊」の写真は器もすべて入れて掲載することを基本にしている。というのも,料理の大きさというか,量までも分かるようにということである。
鮎  さて,こちらは鮎。
 鮎の素揚げというべきか。生きたままの鮎を二度揚げしたものらしい。
 前半は,若い人が料理を運んできて,料理の説明もしてくれたが,途中でご主人がやって来て,料理の説明などをしてくれた。
 「はざま」という店も,何のことはない,ご主人の名字が「はざま」だから。
 この店を始めてすでに27年経ったらしい。
 27年といえば,金沢ではもう歴史のある店と言えるだろう。新幹線が開通するよりもはるか遠い昔からあるわけだが,まさしくビルの狭間でひっそりと歴史を刻んできたって感じだ。
グラタン  「トマトとホタテのグラタン」。
 和食のようでいて洋食。
 壁に貼ってあるお品書きはお昼のものらしいが,それらは洋食。
 和洋折衷ということか。
 そして屋号の前には「旬菜焼」とつくから,焼き物がウリなのか。いや,それだけではない。ここまで出てきた料理を見ても,焼くだけではない,技ありの料理がいろいろと出てきた。
お造り  お造りである。
 しめ鯖,あら,アカイカ,シマエビ
 お隣の隊員が「鯖はダメだわ。」と言って,この鯖をくれたので,好物の鯖は2倍いただく。
 今日の隊員の一人は,ちょうど先日病院から出てきたところ。「隊員が退院!」(一応おやじギャグ)。
 で,また入院するそうだから,これもまた病院の狭間の「はざま」。
 狭間に美味いものを食するという趣向。
スープ  こちらはスープ。
 最初の内は,なかなかに洒落た料理ばかりだったのでメモをしていたのだが,途中からは食べるのとしゃべるのに忙しく,メモがない。
 まあいいでしょう,メモするより食べる方が,いや呑む方が優先。
アワビ  左はアワビの蒸しもの。
 それにしても,いつものこのメンバーも年をとったものである。
 最年少だった自分さえもが定年退職をしてしまったくらいだ。
 そうなると,体調は悪くなるわ,病気になるわで,はていつまでこうやって外で呑めるのやらって感じになってくる。
 うーん,「満腹探検隊」もいつまで続けられるやら。
肉  こちらはステーキ。
 このような焼き物がこの店のウリなのだろう。何しろ「旬菜焼」というくらいだから。
ご飯  そして右は締めのご飯。
 いったい何のご飯だったのやら。
 夜に米の飯を食べない自分も,宴会では食べる。
 そしてデザート。
デザート  今夜はデザートまでいただく。
 いやはやここまで美味しい料理だった。
 友人たちとまったり過ごし,美味しい料理で会話も弾む。
 2人は1次会で帰るという。
 自分ともう一人の連れで,もう少し飲み足りない,もう少し語り足りないということで片町へと向かい,「サルバトーレ クオモ アンド バール」でちょい呑みをする。
 この先もまったりと夜は更けていく。

−−−ビールの仕切り線−−− 探検隊おまけの報告:
お品書き
このとき(2019年8月)の壁に貼ってあったお品書きいろいろ
日替わり定食→880円,海鮮どんぶり,ステーキどんぶり→各1280円,
ステーキ定食→1680円,
自家製チーズ(150g)→1200円,
生ビール,瓶ビール(中),焼酎(芋・麦),梅酒,酎ハイ,グラスワイン(赤・白)→各700円,
温かいお酒,冷たいお酒→各1000円,
ウーロン茶,オレンジジュース,ジンジャーエール,コーラ,ノンアルコールビール→各400円,
ハウスワイン ボトル→3000円より

−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−− 満腹探検隊の トップページ  検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集

−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−− Prince Kochan's Productionの トップページ
サイトマップ  更新情報