満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:華鳳(かほう)と
広州菜館(こうしゅうさいかん)

分類:中華
華鳳(かほう) 所在地:兵庫県神戸市中央区元町通2−4−3(神戸中華街・南京西路沿い・西安門より30m程度)
広州菜館(こうしゅうさいかん) 所在地:兵庫県神戸市中央区栄町通2−10−8(神戸中華街・南京西路沿い・西安門より20m程度)

−−−お箸の仕切り線−−−
探検時期:2020年1月  今回の探検目的:お昼の食べ歩き
今回のお品書きと所要経費
華鳳:北京ダック 500円を200円で
広州菜館:角煮まんじゅう+エビ団子串→200円+200円
探検隊の報告:
 三都(京都,神戸,大阪)への旅である。
 1日目は京都を観光し,京都に泊まる。
 そして,2日目の今日はまずは神戸へとやって来た。
 日曜日だが,朝早かったので,メリケンパークも空いている。クーポン券があったのでポートタワーに上ってみたり。カワサキワールドを見学したりしているうちにお昼になったので,中華街でお昼ご飯である。
 メリケンパーク側からやって来て,西安門から中華街に入ったのだが,入るとすぐに「生ビール290円(税別)」の表示がある。そして,おねえさんが呼び込みをしている。そこでまずはその店「東紫縁」(とうしえん)に入り,軽く(?)生ビール中ジョッキ2杯いただき,そのあと南京西路を東に向かって進む。
 神戸の中華街には初めて来たのだが,賑わっている。
 ということで,この通りでの食べ歩きを2軒,3品紹介しよう。
角煮まんじゅう+エビ団子串  最初に買ったのは「広州菜館」。
 この南京西路を往復し,最安値の「角煮まんじゅう」と「エビ団子串」を選択。どちらも200円也。
 もう一つは「華鳳」の北京ダック。
 「500円が200円」という,いわばまあはったり価格で,元々は500円もしないのだろうが,「500円が200円」と言われると,なんだかかなりお安めに感じてしまう人間心理。
 だが,それ以上に賑やかなのは,この店のはったりおかあさん。
 失礼な言い方だが,関西のおばちゃんタイプのしゃべりと風貌。いや,風貌までも類型化したら叱られそうだが,上沼恵美子をちょっと細くしたような感じ。「美味しいよ」「安いよ」をはじめとして,ほぼしゃべり続けに調理しながら売りさばく。その売り声に惹かれて,そして「北京ダック」に惹かれて購入した。
北京ダック  購入するときにまだ食べずに持っていた「角煮まんじゅう」と「エビ団子串」をチラリと見て,「それはすぐ冷えてダメダメ」とダメ出しまでしてくれる。
 ということで,これらを広場でいただきつつ缶ビールを飲む。
 ちなみに,缶ビールの最安値はもちろん南京東路の東の端,長安門近くの「ファミリーマート」。
 下の写真が「華鳳」の店頭の様子。
華鳳の店頭

−−−中華の仕切り線−−−
探検隊おまけの報告:今回は特にありません。

このページの先頭

−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−−
満腹探検隊の トップページ  検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集

−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−−
Prince Kochan's Productionの トップページ
サイトマップ  更新情報