満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:亀屋マル八(かめや まるはち)

分類:和食・洋食
所在地:あちこちにあります。探検場所は以下の報告を参照してください。

−−−お箸の仕切り線−−−
所在地:京都市伏見区東大手町749【伏見桃山店】(伏見大手筋商店街沿い)
探検時期:2020年1月  今回の探検目的:昼宴会
今回のお品書き:牛すじ煮豆腐+とろしめ鯖刺身+軟骨唐揚げ+生ビール×3+冷酒
今回の所要経費:550円+473円+400円+199円×3+550円
        →2570円
探検隊の報告:
 初めての「伏見大手筋商店街」めぐりである。
 というのも,今回の旅行代理店の企画もので「三都めぐり」というやつで,まずは京都へ来た。そして,その企画ものの中に「伏見大手筋グルメぐり」というクーポンがあったので,それを使いにやって来たのだった。
 さて,とりあえず3枚のクーポンを使い終え,いよいよ昼呑みである。
 桃山駅から歩いてくるときにいろいろと偵察していたのだが,近鉄のガード下の「大寅」という店が一番面白そうだった。なにしろ「ディープな伏見大手筋」という感じだったのだが,いかんせん「昼呑み」と書いてあっても午後2時開店で,この時間は開店していなかった。あの「せんべろ」の看板には惹かれたんだが残念である。
 ということで,行ったのはビールの値段で決めた「亀屋マル八」であった。
 何しろ「生ビール199円」の看板。これならいいだろうと店に入る。
 さてお昼時なので,呑んでいるお客がちらほらいる。座った席の右は6人ほどの団体さんで,昼間っから盛り上がっている。
生ビール  まずは生ビールを2つ注文。
 この店は無駄なお通しがないところがよい。この手の居酒屋チェーン店は大抵がなにがしかのお通しが出てきて,お金を取られるが,ここは全くそういうものがない。どうぞ料理を注文してください,というところがよい。
 ということで,注文したのは3品。
牛すじ煮豆腐  まずは「牛すじ煮豆腐」550円也。
 どこへ行っても煮込みである。ここは牛すじの煮込みで,豆腐入り。
 甘めの味付けだが,好物の煮込みとあって,美味しくいただく。
とろしめ鯖刺身  こちらはこれまた好物の「とろしめ鯖刺身」473円也。
 居酒屋で,この値段で,この厚さのしめ鯖なので,上出来である。
 一切れ食べて,生ビールがぐいっと喉を通る。
軟骨唐揚げ  そしてこちらが,「軟骨唐揚げ」400円也。
 生ビールが1杯なくなったところで,ここは一つ伏見に来たのだから伏見の酒にしようと日本酒を頼むこととする。
 それが「月桂冠 生酒」550円也。
冷酒  ほかの伏見の酒蔵の酒は置いてないようで,まあよく聞く銘柄だが,これでいいかと「月桂冠」である。
 生酒ということだが,なかなかに喉ごしもよく,美味しい酒だった。
 生ビールが199円なのに比べると,3杯分くらいの値段だが,せっかくの旅の記念にと飲んだのだった。
 連れ合いはもう1杯生ビールを注文。合わせて生ビール3杯と冷酒,それにおつまみ3品で2570円だから,これは上出来の昼呑みだった。
 ただ,あのガード下で,「ディープな伏見大手筋めぐり」もしたかったなあ。

−−−ビールの仕切り線−−−
探検隊おまけの報告:今回は特にありません。

このページの先頭

−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−−
満腹探検隊の トップページ  検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集

−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−−
Prince Kochan's Productionの トップページ
サイトマップ  更新情報