満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:テルメ金沢 金澤食談 ねまる

分類:和食・洋食・中華
所在地:金沢市松島町17(国道8号線・松島交差点)

−−−お箸の仕切り線−−−
探検時期:2020年3月  今回の探検目的:夕食・宴会
今回のお品書き:下の報告参照
今回の所要経費:総計6207円
探検隊の報告:
 平日の午後,のんびりとお風呂につかってくつろぐ。
 某肺炎のせいで,日本中の学校が休校中。愛知に住む小学生,中学生がしばし金沢に逗留しにやって来た。まるで戦時中の疎開である。
 子供たちは1日中家の中にいても飽きるに決まっている。で,この日は午後から買い物に行き,そのあと「テルメ金沢」に行くこととする。
 不特定多数の人の集まる施設などには極力行かないようにとのお達しだったが,逆に多くの人がやって来ていない。つまりは逆に空いているのであった。
 子供たちは臨時休校だが,こちらも商売あがったりで,業務はなく,これまで使っていなかった年休を積極的に消化してくれとのことで,仕事を休み,「大きいお風呂」にやって来たのだった。
 さて,やって来てみて,入場料だが,一応割引券なども用意してきたが,全然うまく適用されず,いや,それよりも今やっているキャンペーンの55歳以上300円の方がよっぽど安い。ちなみに小学生が550円,中学生が大人料金で,この子のみ1100円が700円になるという適用を受け,総計5人で2400円。
 入場料はカードが使えず現金払いのみ。そう言えばどこだったかでも入場料はカードが使えなかった。入場料にカードを使わせないのは,何か意味があるのだろうか。
 それはいいとして,風呂上がりには結局ここで食べて帰ることとする。そうやって注文したのが以下の品々。ちなみに運転は連れ合いがするので,自分はビールをいただくという,ありがたい身分。
 まずは「キリン一番搾り」737円。
鮭トロ寿司盛り合わせ  ご多分にもれず,この手のスーパー銭湯内の飲食店ではいいお値段の飲み物。いや,飲み物だけではなく,食べ物もいいお値段。
 こちら連れ合いの晩ご飯の「鮭トロ寿司盛り合わせ」550円也。
 これが一番に届いた。
鶏と海老の甘酢あんかけ  そして,自分のおつまみ用の「鶏と海老の甘酢あんかけ」770円也。
 入っている鶏の唐揚げはすでに揚げてあったって感じで,温め。
 しかし,ビールのアテにはもってこいの中身だった。

うどんのミートグラタン  以下,子供たちの注文したもの。
 左,「うどんのミートグラタン」770円也。
 右,「蟹とじゃが芋のグラタン」660円也。
蟹とじゃが芋のグラタン
 左下,
「ミートドリア」
770円也。
 ビール1本ではすまなくて,追加注文は中でもまあまあのお値段の「天狗舞」本醸造酒990円也。まあ,酒屋価格の2倍以上だが,こんなもの。
 山廃生搾り300mL。
ミートドリア  ほかの酒は1合で同じお値段,高い大吟醸に至っては1合で1300円以上だから,居酒屋価格の1.5倍以上。まあ,そんな比較をしても仕方ないのだが。
 このあとは休憩コーナーで横になり,缶ビールを調達してきて読書する。
 缶ビール500mLは560円也。缶ビール350mLは400円也。
「天狗舞」本醸造酒  ちょうどこの日にここに来る前に某古本屋で見つけたなぎら健壱の「酒にまじわれば」が実に面白い。「お静かに願います」という休憩室の中で,読みながら,思わず声を出して笑ってしまう。
 いやはや,このくつろぎ方が実にいい。
 本日の飲食関係の総使用額6207円也。

このページの先頭

−−−ビールの仕切り線−−−
探検隊おまけの報告:今回は特にありません。

このページの先頭

−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−−
満腹探検隊の トップページ  検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集

−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−−
Prince Kochan's Productionの トップページ
サイトマップ  更新情報