満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:尾張町ビヤスタンド

分類:和食
所在地:金沢市尾張町2−8−27(国道159号線・百万石通り沿い)

−−−お箸の仕切り線−−−
探検時期:2020年2月  今回の探検目的:宴会前の0次会
今回のお品書き:4種飲み比べセット+クラフトビール(パイントサイズ)2杯
+ビヤスタンドのポテサラ+2度付け可!厚切りハムカツ2枚
今回の所要経費:
1200円+(2杯で)2360円+380円+280円×2→4500円
探検隊の報告:
 宴会の0次会である。
 今日の1次会は小橋方面。武蔵が辻でバスを降りて,その途中にあるここ「尾張町ビヤスタンド」に0次会に立ち寄る。
 このあたりでは珍しい立ち呑み屋,そしてクラフトビール(地ビール)の店である。
 一緒に行ったのは,毎度おなじみ,同じ職場でアメリカからやって来たケイ女史,そして,今日の1次会の主役である,アメリカに帰るミスターAである。
 元はといえば,まずはケイ女史と2人で0次会に行こうとしたが,ミスターAに連絡を取ると,「自分もビールが呑みたい!」ということで,武蔵が辻で待ち合わせて,3人での訪問である。
 ここはクラフトビールの店。見ると8種類ある。
 まずはミスターAが「8番」「日本海倶楽部(石川)奥能登伝説」を選択。
 続いてケイ女史は「1番」「志賀高原ビール(長野)ドラフトペールエール」を選択。
 ちなみにアメリカ人の2人はパイントサイズで注文。
飲み比べセット  そこで自分はどうしようかと思ったが,ふと見ると「4種飲み比べセット」というのがある。そこで2人の選んでいない4つを選んでみた。
 選んだのは
「2番」「スワンレイクビール(新潟)アンバースワンエール」,
「3番」「スワンレイクビール(新潟)ストロベリーダークセゾン」,
「5番」「箕面ビール(大阪)インペリアルスタウト」,
 それと,「7番」「大山Gビール(鳥取)初志冠雪」である。
 おつまみも各種あったが,その中から「ビヤスタンドのポテサラ」380円也と「2度付け可!厚切りハムカツ」280円也を2枚注文する。
ポテサラ  4つのビールの中では「3番」の「スワンレイクビール ストロベリーダークセゾン」が一番の好みだったね。結構深い味わいで,香ばしさが感じられた。
 「7番」の「大山Gビール 初志冠雪」は黒板にも解説が書いてあったのだが,ちょっと酸っぱい。こいつは好みじゃなかった。
 あとの2つはそこそこ。
 まあこんな比較ができるのがこの「4種飲み比べセット」のいいところ。
ハムカツ  「ハムカツ」は1枚を4つに切ってもらい,分けて食べる。
 「ポテサラ」といい「ハムカツ」といい,まるで下町の居酒屋のようなおつまみを注文したのだった。
 そして,それぞれに注文したものを飲み干し,店を去ることとする。
 最後に見ると,ビールサーバー自体が冷蔵庫になっているという見たことのない構造の冷蔵庫。
冷蔵庫  右側の扉には8つのビールの注ぎ口がついている。
 「これって特注品ですか?」と聞くと,こんなのはよくあるのだという話。
 そうだったのか,珍しいなあと思いつつ,撮影してみた。
 さて,では,いよいよ1次会に行きますかね。ミスターAの送別会だ。

−−−ビールの仕切り線−−−
探検隊おまけの報告:
お品書き
このとき(2020年2月)のお品書きいろいろ:
ビールのお品書き
おつまみのお品書き

このページの先頭

−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−−
満腹探検隊の トップページ  検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集

−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−−
Prince Kochan's Productionの トップページ
サイトマップ  更新情報