満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:焼肉 三吉(さんきち)

分類:焼肉
所在地:京都市中京区新京極四条上ル中之町573(四条河原町交差点北西側・河原町オーパ裏)

−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2019年8月  今回の探検目的:宴会
今回のお品書き:ホルモン焼き+ホルモン煮込み+瓶ビール×3
今回の所要経費:900円+900円+550円×3→3450円
探検隊の報告:
 「ホルモン煮込み」が絶品だったね。
 久しぶりの京都への旅である。この日は上賀茂神社(賀茂別雷神社)と下鴨神社(賀茂御祖神社)がどちらも特別拝観を実施しており,度々京都に行きながら,行ったことのなかったこの2社に参詣したのだった。
 その帰りに四条河原町あたりでバスを降り,連れ合いが「河原町オーパ」とかいうビルにある某古本屋に行って,読む本を買いたいという。そこに立ち寄っての帰りである。「いよいよ呑む時間だ。」などと言いながら,ビルの北側のエレベーターを降りて,裏通りに出る。そしてホテルのある方の西側に向かう。するとすぐに目についたのが,「ホルモン」と大書されたのれんだった。
 「おおっ,『ホルモン』!」
 と,自分も連れ合いもホルモン焼きは大好きなので,共に立ち止まり,年季の入った外観から,ここも面白そうだと,入ることにする。
 何しろ店の上の「ヤキ肉専門店」などというペンキ書きの文字なんかは結構かすれている。このあたりにはこぎれいな店ばかりが建ち並ぶ中,なんともはや酒飲みの心をくすぐる外観である。外にはお品書きが出ており,ビールも居酒屋価格だったので,入ったのだった。
 ちなみに,外のこのお品書きももちろん文字はかすれている。
 まだ外は結構明るいのだが,店内は結構混んでいる。「2人」と言うと,小上がりの席に案内される。
 この日はすでに一万歩以上歩き回り,のども渇き,ビールである。ちなみにこの店は生ビールというか「ジョッキビール」はない。いやむしろ,瓶ビールの方が好きなので,瓶ビールの注文である。
ビール  そして,焼き物のお品書きの中から,一つ一つ注文するよりも,いろいろと入っていそうな「ホルモン焼き」というのを注文する。そして,大好き「煮込み」である。この店のものは「ホルモン煮込み」という名前である。
 注文をすると,まずお店のおにいさんが網と,ボールに入った水を持ってやって来て,ガスの焼肉器の中に水を入れ火をつける。そして網を置く。
ホルモン盛り合わせ  続いてはタレがやって来る。
 そしてやって来たのがこちら「ホルモン焼き」。900円也。
 パッと見た目,これだけで900円かと思ったのだが,それなりにいいものを出しているのだろう。それらをすべて網の上に載せて焼き始める。
 中身を確認しなかったのだが,レバー,シロ,それにおそらくハツなど,とりどり載っている。
焼肉焼いてますよ状態  そして,このタレが独特である。何が独特かって言うと,かなりとろみのあるタレなのである。通常は醤油のようなさらさらっとしたタレが多いが,これはかなりとろりとしている。
 で,そのタレにつけていただくのだが,実に美味い。
 そしてほどなくして「ホルモン煮込み」がやって来る。
「熱いのでお気をつけください。」とやって来たのは,よくある一人用の鉄鍋に入って出てきた「煮込み」。板の鍋敷きの上に置かれる。
ホルモン煮込み  焼肉のタレ自体も結構濃い色だったが,この「ホルモン煮込み」は一段と赤みがかっており,一見して,ちょっと辛めに見える。取り分ける皿に入れていただくのだが,これが実に美味い。
 本日2回目の「実に美味い。」であるが,焼き物以上に美味い。
 適度な辛さと,とろとろに煮込まれた柔らかいホルモン。しっかりと味がしみていて,これまで食べた「煮込み」の中では一番かも知れないと思うくらいのいい味だった。こいつが900円で,「ホルモン焼き」のセットと同じ値段だが,「ホルモン焼き」の900円以上に充分価値のある美味しさだった。しかも,よくある「煮込み」にはこんにゃくだのにんじん,大根だのといった野菜などが入っていたりするが,ここの「煮込み」はホルモンのみ。あとはネギが散らされているだけ。つまり,この小鍋の中身はたっぷりホルモンなのである。
 煮込みを食べ終わっても,この煮込みのお汁がビリ辛で,お汁をちょい呑みして,ビールのアテにできるのだった。
 いやはや店の造りも年季が入っていて,天井などは真っ黒にすすけている。換気扇も真っ黒。換気扇側に置いてある招き猫なんぞは,完全に黒猫である。
 たまたま見かけて入った店だったが,何だかちょっと「ディープな京都」に出会えた気がする。
 そして,この「ホルモン煮込み」は絶品で,また来てみたい店なのだった。 天上

−−−ビールの仕切り線−−− 探検隊おまけの報告:
お品書き
このとき(2019年8月)のお品書きいろいろ:(壁のお品書き)
お品書き

−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−− 満腹探検隊の トップページ  検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集