満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:志雄(しお)パーキングエリア(のと里山海道)

分類:和食(麺類)・軽食
所在地:石川県羽咋郡宝達志水町柳瀬(のと里山海道)
−−−−−−−−−−−お箸の仕切り線−−−−−−−−−−− 探検時期:2018年8月 (上り線・金沢から能登方向)
今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:いなりうどん+軽食あれこれ
今回の所要経費:いなりうどんは420円
探検隊の報告:
 金沢から能登半島は能登島の民宿へと向かった。
 小さな子供たち4人を連れての旅である。ちょうどお昼頃となり,ここでさらっとお昼ごはんを食べてしまうこととする。
   こちら「いなりうどん」420円也。
 ここにあるのは麺類と,お寿司やおにぎり,パン,そしてスナック類である。
お寿司にパン  こちらは店頭に並んでいたものをいろいろと選んだもの。
 マス寿司,いなり寿司,それにパンである。
 夏休みのまだお盆前の平日で,店は空いている。窓際のテーブルに陣取り,ゆったりと子供たちもごはんを食べるのだった。
イカ天串  こちらイカ天串,150円也。
 運転手がいるので,こちらはビールをいただく。そのおつまみにぴったりのこのようなイカ天串を売っている。
 ここではビールを売っていないので,元々持参していたビールをいただく。
 食べ物の持ち込みはお断りしますとの案内があるが,ビール以外はすべてこの店の中で買い,ここで食べているので,ビール1本くらいはお許しいただくこととしよう。
千里浜なぎさドライブウェイ  この「のと里山海道」は,このあたりは海に近いところを走っており,すぐ脇には日本では珍しい,いや,きっとっこにしかない,砂浜を数キロにわたって普通乗用車でも走れる「千里浜なぎさドライブウェイ」がある。
 ここ「志雄パーキングエリア」からも「千里浜なぎさドライブウェイ」が真横に見え,いいお天気の夏の日,何台も車が走っている。
 また,逆に,「のと里山海道」ではなく「千里浜なぎさドライブウェイ」からもここ「志雄パーキングエリア」にやって来ることができるわけで,「千里浜なぎさドライブウェイ」でのお食事処としても使えるのだった。
 ということで,では能登島を目指して出発。
 それにしても,このあと目的地だった能登島の民宿「山長荘」はよかったねえ。
−−−−−−−−−−−お箸の仕切り線−−−−−−−−−−− 探検時期:2018年12月 (上り線・金沢から能登方向)
今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:里海うどん
今回の所要経費:500円
探検隊の報告:
 土曜勤務のお昼である。まだまだ行っていない店もあるのだが,今日は暇な満腹探検隊隊長は,この夏行った「志雄パーキングエリア」のお品書きにはどんなのがあったのだろうかと,探検にやって来たのだった。8月にはお品書きの撮影もせず店を去ったので,今回はそれを調べようとやって来た。
イカ天串  さて,せっかくなので,ここで軽く腹ごしらえである。
 注文したのはお品書きの一番最初に登場する「里海うどん」である。
 その名のごとく,うどんの上には岩のりととろろ昆布が載り,磯くさいうどんである。
 やや塩から目のとろろ昆布や岩のりを出汁に溶かし,うどんをいただく。
イカ天串  いかにも海らしいお品書きであった。
 時はすでに12月,お天気も悪く,海は波も高くなってきている。
 こちら窓際に置いたうどんから見る日本海である。
 ここへ来ることが目的だったので,すぐさま次の「千里浜インターチェンジ」でおりて,Uターンする。
 ついでに金沢方向の下り線の「志雄パーキングエリア」に立ち寄ってみたが,お品書きは同じ,お値段も同じなようである。ただこちらは山側なので,眺めはよくないし,ちょっとせまいのだった。
−−−−−−−−−−−赤い車の仕切り線−−−−−−−−−−− 探検隊おまけの報告:
お品書き
このときのお品書きいろいろ:
うどん,そばは同一価格
里海うどん・そば→500円,肉うどん・そば→円,天ぷらうどん・そば→480円,
天玉うどん・そば→520円,かけうどん・そば→350円,
いなりうどん・そば→420円,月見うどん・そば→400円,
にしんそば→550円
能登豚コロッケ,イカ天串,アメリカンドッグ,串付きフランク→各150円,
から揚げ→300円,フライドポテト→250円
など −−−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−−−−−−−−−− 満腹探検隊の トップページ  検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集