満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:とんぺら屋

分類:和食
所在地:あちこちにあります。探検場所は以下の報告を参照してください。
−−−お箸の仕切り線−−− 所在地:愛知県名古屋市北区山田1−4−49【大曽根駅前店】(大曽根駅近く)
探検時期:2018年12月  今回の探検目的:夕食・宴会
今回のお品書き:大人4人,子供2人でいろいろと注文して飲んで食べる
今回の所要経費:11567円
探検隊の報告:
 前から見かけていて一度来てみたかったここ「とんぺら屋」にやっと来ることができた。
 12月の土曜日。運転手がいるので,美味しいもので飲める店に行こうと,近くに車を止めてやって来た。
ビール  土曜日の夜,しかも12月で忘年会も多いらしく混んでいる。たどり着いたのは6時ちょっと前。6人で入れるかと聞くと,2階の席は7時半から宴会が入っているが,それまでなら大丈夫とのこと。小さな子供もいて,そんなに長居はしないだろうと,すでに宴会の準備もしてある2階の席の隅っこに席を作ってもらう。
 なんと言ってもここのいいところはビールが安い!
 このジョッキで1杯205円である。なんともはや素敵な居酒屋価格。最終的には3人が飲んでいて,総計一人3杯,計9杯飲んだ。
 ついでに大人にはお通しが出て,こいつが席料として324円である。ビールよりもはるかに高い席料とお通しなのだった。
鶏皮ゆずポン酢  以下注文した物を紹介しよう。
 こちらはとっととビールのあてにしようと,早く出てくるであろうと注文した「鶏皮ゆずポン酢」314円也。
 確かに早かった。ビールが出てきて,1分後にはやって来る。
とんぺら屋煮込み  そして,どこへ行ってもついついお品書きにあったら注文する「煮込み」422円也。
 あとでお品書きをよくよく読むと「国産豚ホルモンと根菜を長時間煮込み,数種類のスパイスで仕上げた自家製カレー煮込み」とある。
 いや,お酒のあてにはぴったりだったね。
とんぺら焼き 白  そしてこちらがこの店の店名の由来ともなっている「とんぺら焼き」。
 いわば豚バラ肉の串のタレ焼き。こいつが1本98円だから,はっきり言ってビールと「とんぺら焼き」とで「せんべろ」になれる店である。
 もしも,ビール2杯と「とんぺら焼き」6本を注文したとしたら,998円。おお,千円札でおつりが来るではないか。素晴らしい。
 今回は8本注文。
とんぺら焼き 赤  右は「とんぺら焼き 赤」。
 つまりはタレが少々辛めの大人の味。1本162円也。
 これは大人用とて,4本注文。
 いやはや,店の名前となっただけあって,なかなか美味しい串焼きであった。
 ちなみにこいつも出てくるのが早い。ビールがやって来てほんの5分後である。
鶏とろ串盛り合わせ  この早さ,居酒屋としていいねえ。

 こちら「鶏とろ刺身串盛り合わせ」702円也。
 それぞれにちょっとした薬味が載る。
 「生姜」「わさび」「山わさび」「梅肉」「柚子胡椒」となっている。
〆の鴨ラーメン  こちらビールを飲まない運転手が,
「じゃあ,私はこれ。」
 と言って注文した「〆の鴨ラーメン」465円也。

チリチーズ春巻き  右は「チリチーズ春巻き」465円也。
 チーズの春巻きをスイートチリマヨソースで食べるという趣向らしい。
皮付きポテトフライ
 そしてお子様向け「皮付きポテトフライ」422円也。
 子供はどうして芋のフライが好きななのだろう。
 柔らかい,ほくほく感がある,適度な塩味,芋本来の味が味わえる,お手軽,まるでお菓子みたい,そんな感じ?
なんこつ唐揚げ  こちらは誰が注文したのやら「なんこつ唐揚げ」465円也。
鉄板バタコライス
 こちら「鉄板バタコライス」530円也。
 「バタコ」ってあの「アンパンマン」に出てくる「バタコさん」を連想したが,そうではなく,「バター」と「コーン」らしい。
 鉄板の上の言わば洋風焼きめしという感じである。
炙りベーコンカルボナーラ  「炙りベーコンカルボナーラ」638円也。
 厚めのベーコンが美味しい。こいつをカルボナーラソースにつけていただくという趣向。
 さて,このあたりで,おねえさんが
「ラストオーダーですが。」
 と注文を聞きに来る。
 この席で6時から宴会を始めたが,次の団体さんは7時半からの会。いよいよ,7時少し前に,こちらのラストオーダーとするらしい。
チーズinとんぺい焼き  一応かなり満たされていたのだが,ラストオーダーと聞くとついつい注文してしまう。それで大人4人がてんでにこれはいいや,というものを注文したのだった。
 右は「チーズinとんぺい焼き」594円也。
 「とんぺら焼き」ではなく「とんぺい焼き」である。実に紛らわしい。
レアカツ 名古屋味噌  左は「レアカツ」702円也。
 トンカツではなく,鴨のカツである。
 こいつは珍しいやと注文したのは自分だった。
 味の方はソースではなく,名古屋らしく味噌味を選択。
 いやはや,このようなカツも美味しいね。
角煮の卵とじ  こちら「角煮の卵とじ」610円也。
 7時なのだが,何人か7時半からの宴会の方々がやって来た。幹事なのか,いや,いよいよ7,8人も集まったので,早く着いた皆さんか。総計30名以上の宴会らしい。入り口の方で,どこに誰が座るなんて話をし始めると,こちらとしても,腰が落ち着かない。
 とりあえず,出てきたものはすべて食べ尽くし,こちらの夕食兼宴会はお開きとする。
 一度来てみたかったこの「とんぺら屋」にやって来て,「とんぺら焼き」も食べることができて満足の宴会なのだった。
−−−ビールの仕切り線−−− 探検隊おまけの報告:今回は特にありません。
−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−− 満腹探検隊の トップページ  検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集