満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:やみつき ちゃんこ屋

分類:和食(ちゃんこ鍋)
所在地:愛知県名古屋市西区香呑町4-65(香呑町交差点角)
−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2018年11月  今回の探検目的:宴会・夕食
今回のお品書き:塩ちゃんこ鍋セット×3+辛味噌ちゃんこ鍋セット×2+飲み物12人分+ごはん(大2+中2)
今回の所要経費:3000円×3+3000円×2+ちらしによるサービス+(300×2+250×2)→総計16100円
探検隊の報告:
 土曜日の夜である。元はと言えば,お隣の「やみつき」という焼き肉屋に行こうとしたのだが,予約で満席,入れない。
 じゃあ諦めようかと思ったら,焼き肉屋のお店の人が,
「この隣の『やみつき ちゃんこ屋』は姉妹店で,今ならドリンク人数分サービスのチラシをあげますからどうですか。」
 と言うので,方針変更をしたのだった。
 総勢は大人6人,子供6人という大所帯。入り口入ってすぐのテーブル席を2つ,12人で結構ぎゅうぎゅう詰めに座ったのだった。
 さて,この店は基本的にちゃんこ鍋セットしかない。あとは追加でそれに何を入れるかしかなく,とにかくちゃんこ鍋を楽しむための店のようである。
 セットというのがどれくらいの量かはわからなかったので,とりあえず子供も食べられるであろう「塩ちゃんこ鍋セット」を3つ,ビールを飲む大人もいるし,違った味も味わってみようと「辛味噌ちゃんこ鍋セット」を2つ注文したのだった。
 そして何よりよかったのが人数分の飲み物サービスである。鍋は5セットの注文だが,人数12人分の飲み物がサービスなのだった。なので,6人の子供達にはそれぞれソフトドリンク,そして残りの6つは生ビールを6つ。しかも飲まない者がいるので3人で6つ飲み,あとの3人は水をもらったのであった。つまりは追加で飲み物は注文していないので,生ビール無料サービスみたいなものであった。
 この人数分のドリンクサービスがなかったら,あと5000円は必要だっただろう。いいサービスだった。
辛味噌ちゃんこ鍋  こちらやって来た「辛味噌ちゃんこ鍋」2人前。
 このちゃんこ鍋セットは一品料理が2品と,ラーメン(またはきしめん),デザートがつく。
 一品料理は「おぼろ豆腐」と「牛すじ煮」であった。
 おそらく大人1人に対してちゃんこ鍋セット1つは結構多い量であっただろう。
 右は一品の「おぼろ豆腐」。
豆腐  子供も入れて12人でちゃんこ鍋セット5つでまあこんなものかという量であった。なにしろごはんを注文して,子供をはじめ飲まない者は,鍋をおかずにごはんを食べていたので,まあ,そこそこごはんチームも満足していたのだった。麺も食べられたし。
 大人2人で来たら,自分達だったらセット1つで充分だ。しかし,ちゃんこ鍋しかなく,ある意味,ちょっとさみしい宴会である。酒飲みとしては,もう少し酒のあてになるようなものがあるといいと思わせる店であった。
牛すじ煮  こちらは「牛すじ」。
 それにしても,酒飲みにとっては鍋ばかりでちょっと物足りない。
 そういう意味ではここは居酒屋と言うべきなのか,ごはん屋と言うべきなのか。
 このちゃんこ鍋で酒を飲むとすれば,どのような注文がいいのだろう。2人で来て,ちゃんこ鍋セットを1つと,あとはビール。一品料理2品以外には,鍋しかないから,やはりとにかくちゃんこ鍋を楽しむ店と言うべきなのだろう。
 追加で入れる具材もそこそこいい値段で,しかも,最初に入っていたものの追加という感じだから,やはり,酒飲み2人で来たら,セット一つと一品料理を分け合って,あとは足りなければ,追加の具材って感じかな。
 まあ今回来てみて,ごはんを食べる子供達はよかったが,酒飲みとしては,1回来ればもういいかなって感じである。なにしろここの2種類のちゃんこ鍋の味をどちらも味わってしまったし,ちゃんこ鍋以外にはお品書きには特に何もないのだから。
 できればもっと味に変化がほしい。例えば「醤油味」とか「味噌味」なんてのも。
 鍋の量がもっと少なくて,一品がつかなくていいから,ちゃんこ鍋だけで1人前1000円くらいにしてほしい。そしたら2人で来ても,2種類注文できる。
 鍋セットについてくる一品以外にも酒のあてそのもののがほしい。ちゃんこ鍋以外にも何か食べて酒が呑みたい。
 そんな印象だね。
−−−ビールの仕切り線−−− 探検隊おまけの報告:今回は特にありません。
−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−− 満腹探検隊の トップページ  検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集