満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:近江町市場おそうざいの夢屋(ゆめや)

分類:和食・洋食・中華
所在地:金沢市青草町88番地(近江町いちば館地下)

−−−お箸の仕切り線−−−
探検時期:2020年3月  今回の探検目的:宴会の0次会
今回のお品書き:「菊姫」先一杯1合+ヱビス缶ビール+鯖寿司+マカロニサラダ
今回の所要経費:500円+350円+275円(半額)+55円(半額)→1180円
探検隊の報告:
 実に面白い空間で0次会をしたのだった。
 今夜は前にも行った小橋の「のらり」での1次会。武蔵が辻でバスを降り,まだ開始まで1時間以上もある。そこでおなじみ1人0次会をするべくやって来たがここ近江町市場の「いちば館」地下にある「おそうざいの夢屋」であった。
 何回かこのお惣菜屋を見かけており,テーブル席がいくつも用意してあるいわばイートインコーナーがあることも知っていたので,面白いかと思いやって来たのだった。
 そしたらなぜかほんとに面白かったのだった。
 いや,これを面白いと言ったらいいんだろうか。
 まずはこの時間,お惣菜類はすべて割引価格となっている。20%,30%引きは当たり前で,何品も半額のものがある。
 次にしっかりと缶ビールが並んでいる。しかもいろいろな種類がある。
 そしてあとで知ったが,日本酒の一升瓶までもが数本用意してある。
 つまりは「ちょい呑みしていってくださいな」といったお惣菜屋なのだった。
 で,まずは好物の「鯖寿司」が目に入る。分厚いしめ鯖の押し寿司で,これが500円(税抜き)の半額となっている。上に載っている鯖だけでもいいお値段しそうな「鯖寿司」が,たったの250円。
 最初これにしようかと思ったが,1次会の前にご飯ものもなんだかなあと思い,結局は「マカロニサラダ」にする。これが100円(税抜き)の半額で50円。
 そして並んでいるビールの中から,やはりこれでしょと「ヱビスビール」を選ぶ。
 つまり,まさしくちょい呑みのコースを選んだのだった。
 そうしてレジに持って行くと,このレジのおにいさん至って元気。
「お持ち帰りかい?」
 と聞く。「いや,ここで食べるよ。」と言うと,消費税率10%で計算している。
「これで405円。素敵なお値段でしょ。」
「いいねえ。ちょい呑みには最適だよ。」
 そう答えると,続いてレジの横にある一升瓶の入った冷蔵ケースを指さす。
「こんなのもあるよ。これってお得価格だよ。」
「へえ,どれがおすすめ?」
「高いのがいいってわけじゃなく,おすすめはこの真ん中あたりの『菊姫』の『先一杯(まずいっぱい)』かな。」
マカロニサラダ  それを聞いて,日本酒があると知っていたなら,最初からこれにすればよかったかと思ったが,いやいや,まだ時間もあることだし,次に日本酒にすればよいと思い直し,空いているテーブル席に座ったのだった。
 テレビニュースでは相変わらず「新型コロナウィルス感染症」の話。それを見ながら,1人呑みである。
 ここのお惣菜を見に来て買っていくお客さんがちらりほらりとやって来る。そのたびにここのおにいさんは
「お持ち帰りかい?」
 と威勢のいい聞き方。まるでテキ屋のおにいさんのノリである。
 そしてそんなお客さんの視線にさらされながら,サラリーマンのおじさんはテーブルで1人呑みである。
 さて,缶ビール1本だったのですぐになくなった。いつもの0次会ならば瓶ビールやジョッキビールだから,まあ,缶ビールのレギュラー缶ならすぐになくなる。
 そこでいよいよ日本酒とすることにした。
 で,その日本酒のアテなのだが,お惣菜の中から何にしようかと思ったが,やはり好物「鯖寿司」が捨てがたい。しかもお値段が魅力的。1次会の前にご飯を食べるなんて通常はあり得ないが,今夜の「のらり」はコース料理ではなく,その場で好きなものを注文するという形式。ならば「のらり」では注文する食べ物を適当に減らせばすむことなので,やはりここは「食べたいときが美味いとき」ということで,この「鯖寿司」を選ぶことにした。
鯖寿司  で,「半額」のシールに貼られた「鯖寿司」をレジに持って行く。そして件のおにいさんに聞く。
「おすすめの日本酒ってどれでしたっけ?」
「これこれ,『菊姫』の『先一杯』だよ。」
「じゃあそれ。」
「もうお得価格もいいところだよ。1合で500円だもん。来週から550円に値上げする予定。」
 などと言いながら,透明プラスチックカップを取り出して,一升瓶から「菊姫」を注ぐ。
「このカップ7分目でまあ1合かな。おっとっと,ちょっと入れ過ぎちゃったよ。」
 そうやって入れてくれた「菊姫」と「鯖寿司」を持って,再びテーブル席に座る。
鯖寿司  いやはや,やはりこの「鯖寿司」を選んで正解だったねえ。この分厚さで4切れ250円。
 「菊姫」をちびりちびりとやりながら,美味しい「鯖寿司」をいただく。
 まあプラスチックカップというのも色気がないし,まるで浜茶屋のような白くて堅いプラスチックテーブルと椅子というのも色気がないし,時々通路を通るお客さんからチラ見されるのだが,そんなこといちいち気にするようなおじさんではない。
 ちょっとだけ反省するとすれば,日本酒があると知っていたら,はじめから日本酒にしたかな,ってことと,はじめから「鯖寿司」にして「マカロニサラダ」はよかったかなと思ったが,「マカロニサラダ」にしたって,あの量でたったの55円。ビールのアテにしては上出来だったから,実によい0次会だったということになる。
 こんなところで楽しく0次会ができるのも,おじさんであるなあ。

 夢屋では 夢より安い 鯖を買い

このページの先頭

−−−ビールの仕切り線−−−
探検隊おまけの報告:今回は特にありません。

このページの先頭

−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−−
満腹探検隊の トップページ  検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集

−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−−
Prince Kochan's Productionの トップページ
サイトマップ  更新情報